Iラインは、脱毛サロンなどと同じように、ベッドに仰向けになった状態で、右足のひざを立てて横に開きます。

アリシアクリニック では、意外にもそんなにガバっと開かなくても、ちゃんと見てやってくれる感じでした。

これだけでも、恥ずかしさ半減。ありがたいです。

DSC06631
アリシアクリニック のVIO脱毛は紙ショーツを履いてガウンをスカートのように巻いて行います )

ショーツを横にずらして、粘膜部分まで見えるような形でしっかり肌を出して、剃り残しをシェービングしてくれます。

「 とってもキレイに剃ってきていただけていますね。次回もこのくらいしっかりとお願いします。 」

「 説明があったかと思うんですが、剃り残しが多かったり、シェービングを忘れてきてしまった、という場合は、シェービング代が2,000円かかってしまってもったいないので気をつけてくださいね。 」

と看護師さんが声をかけてくれました。

Iラインは見えにくい部分なので、ちゃんと剃れているのか不安だったけど、こうやってちゃんと教えてもらえるとありがたいですね(^-^)

一方、左側は・・・ 「 あら、こっちは苦手でらっしゃるんですかね。 」 と言いながら剃ってくれていたので、剃り残しが多かったのかも。

左のほうが毛が多く残っているということもあると思うんだけど、次回はしっかり剃ってこないとなー。

「 先ほどのVラインの照射と同じレベルで大丈夫そうなので、まずこちらで当ててみて、お痛みあるようでしたら調整していきますね 」

ということで、Iラインの照射も少し強めではじめます。ぐっとIラインを開いて、粘膜の部分からスタート~~~!ドキドキ。。。

ピッ、ピッ、ピッ・・・

あれ?痛くない?

全然大丈夫そうだったので、このままの強さですすめてもらうことに。

さすがにOラインとの境目は密集して毛が残っている部分だったので痛みはありましたが、「 あぁ、この痛みね。うんうん、このくらいの感じか。 」 と、余裕であります。

これがはじめての脱毛だったりしたら、痛みが強い部分が続くので、キツイかもしれませんが。毛が細くなっている状態だったら、全然大丈夫。

Iラインも縦に一度全て当てて、横に重ねて2度当ててくれました。ぐっと開いて粘膜部分から足の付根までしっかり。

足は軽く開いた状態で、照射部位の肌を軽く引っ張って当ててくれるので、体勢は楽ちんだけどしっかり当ててもらえている感じです。

>> Iラインの粘膜部分まで照射してもらえます

左側は毛が多く残っていたけれど、チクっとした痛みがある部分がちょっと多いくらいで、看護師さんとお話しながらだったので、ほとんど気にならない感じ。2度重ね当てでも平気です。

こちらもジェルを拭き取って炎症止めのお薬をつけて、脱毛照射が終了です♪

最後は、Oラインの脱毛へとすすみます。

小さな範囲なので、あっという間に