Q.医療レーザー脱毛で皮膚がんのリスクは増える?

A.クリニックの医療レーザー脱毛で
皮膚がんのリスクが増えることはありません(^^)

日焼けで皮膚がんのリスクが高まることは
一般的に知られてきていますよね。

ですが、医療レーザー脱毛の光で
皮膚がんのリスクが高まることはありません。

なぜなら、医療レーザー脱毛の光は
「 紫外線 」ではなく「 赤外線 」だからです。

ですので、安心して脱毛を受けてくださいね。

ただし、ひとつだけ心配されるのは
ホクロやシミがある部分に照射すると
メラニン色素が反応してやけどの状態になり
そこから皮膚がんに発展する可能性。

その可能性はわずかですが
アリシアクリニック では
色の濃いホクロやシミなどへの照射は
シールを貼るなどして避けています。

( 参考記事 : シミや色素沈着、ホクロ・ニキビがあっても脱毛照射できますか?

医療レーザー脱毛の皮膚がんのリスクは
心配する必要がありませんが

脱毛期間中に、自分自身で気を使わなければならないのは、
紫外線による肌の日焼け です。

日焼けをした状態の肌だと
照射時にやけどをするリスクが高まってしまいますし、
やけどから皮膚がんに進行することも
ごくわずかではありますが、ないとは言えません。

そのリスクを避けるために
少しでも日焼けをしている肌の場合は
やけどをしないように
照射レベルを下げられてしまうこともあります。

そうすると、脱毛効果も弱まってしまいますよね・・・

1回の脱毛料金は同じですから
できるだけ効果的に受けたいもの。

脱毛期間中、または、これから脱毛を始めるという人は
肌の日焼けには十分注意してくださいね!