湘南美容外科の鼻下脱毛体験談【2】メイクを落として鼻下脱毛スタート!

施術ルームに案内され、看護しさんとご挨拶。優しそうな雰囲気の方です。

鼻下の脱毛をするので、まずはクレンジングシートをいただいて、鼻下のメイクを落とします。

そのままベッドに仰向けになり、眼の上に光から保護するためのシートとサングラス?をのせてウルトラマン状態に。



友人に撮影してもらいましたが、自分ではなにも見えないので恥ずかしくもなんともありません(笑)

湘南美容外科で扱っている脱毛機は、レーザーと一緒に冷却ガスがでるタイプなので、脱毛部位に冷却ジェルなどを塗る必要がなく、すぐに脱毛照射に入ります。

他のクリニックで鼻下の医療レーザー脱毛を数回していたのですが、湘南美容外科では初回なので、一番低い出力(ジュール数8)からスタート。

唇にレーザーが当たらないように保護しながら、まず1ショット。

バチッ。

(まぶしいっ!)
(熱いっ)

「お痛み大丈夫ですか? 」

「だ、だいじょうぶです!」

「では、レベルを上げていきますね」

「お願いします!」

(ちょっと痛いっ)

「お痛み変わりませんか?」

「はい、変わりませんっ」

ということで、痛みの感覚を確かめるために、無理矢理レベルを上げてもらって、トータルで8~10ショットくらい?

照射口の大きさの関係なのか、右から少しずつずらして照射して、左端まできたら終了。

5分もなかったかな?というくらいあっという間でした。