医療脱毛のVIO脱毛ってどういう格好でやるの?

医療脱毛のVIO脱毛って、どういう格好でやるの?



VIO脱毛を始めるときに、多くの人が気になることですよねぇ。

私も最初は、どんな感じなんだろう~?と思いました。

まぁ、クリニックによって多少の違いはあると思いますが、今までVIO脱毛を受けた多くのクリニックでは・・・

まず下は紙ショーツに履き替えます。上はクリニック側で用意しているガウンを着ることが多いです。

そしてVライン・Iラインはベッドにあお向けの状態で照射するのですが・・・

ショーツは下げて照射

ほとんどのクリニックでは、紙ショーツを膝の上くらいまで下げた状態で脱毛照射をします。

Vラインは、脚を真っ直ぐ揃えた状態で。

Iラインは、片足ずつ少しひざをくの字に曲げて外に開く感じ。

そんなにガバッと開かなくても、ちゃんと照射してもらえますので、それほど恥ずかしくはないです。

Oラインもショーツを下げた状態で、うつぶせになって照射します。

こうやって、VIO脱毛をするときの格好を書き出してみると・・・紙ショーツ履く意味ないよね(笑)

脱毛サロンより丸見え

脱毛サロンでは、Iラインの脱毛照射をする場合、ショーツを履いたままで、股のクロッチ部分を左右にずらして照射することが多いです。

照射を受けている側からしたら、丸見えにならないように気を使ってもらえている感じがします。

(照射するスタッフさんから見たら、丸見えなのかもしれませんが 笑)

ですが、クリニックは、モロ見えです(笑)

隅々まで綺麗にしたいならクリニック

とはいえ、VIOラインは凹凸があってとても脱毛しにくい部分でもあるし、毛量も多くしぶとい部分。

さらにIラインは粘膜の内側のほうまで毛が生えている人が少なくないので、しっかり綺麗に脱毛するには、紙ショーツで隠している場合ではありません!

実際、脱毛サロンのIライン脱毛では、キワの粘膜ギリギリの部分に毛が残ってしまうことが多いです。

(エステサロンでは、ヤケドのリスクなどに対応できないため、粘膜は脱毛範囲に入っていません)

その点、クリニックではIラインのキワまでしっかり脱毛してくれるところがほとんどです。(契約のコース内容にもよりますので、詳細は各クリニックで確認してみてください)

せっかく脱毛するなら、Iラインもつるつるにしたい!という人は、絶対にクリニックでのVIO脱毛がおすすめ☆

たしかに最初は恥ずかしいですが・・・回数を重ねるごとに慣れていきます。

スタッフさんはプロですのでね、何も気にしていませんよ(笑)

医療脱毛のVIO脱毛でムダ毛0にする!