日本で主流になっている3つの脱毛法

 
今、日本で受けられる脱毛方法は、大きく分けて3つの種類。

美容外科クリニック(皮膚科)など
お医者様がいる病院・医療機関で受けられる
パワーの強い 「 医療レーザー脱毛 」

脱毛エステサロンで受けられる
肌に負担が少なく、穏やかに脱毛していく
「 光(フラッシュ)脱毛 」

そして、毛の一本一本に電流を流していく
「 ニードル(針)電気脱毛 」


医療レーザー脱毛と、光(フラッシュ)脱毛は
どちらも原理としては同じで
黒いものに反応する光を当てて
毛を焼き切り、毛根にダメージを与える方法。

医療レーザーの方が、レーザーの出力を高くできるので
医療機関のみの取り扱いとなり
痛みもありますが、脱毛効果も高いと言われています 病院

このふたつは、比較的どこでも受けられるので
あとは、料金面やサービス面での違いだけですね。


「 ニードル(針)電気脱毛 」
痛みが強いのと、時間がかかる、料金が高い
ということで、今では取り扱っているところがほぼなく
大手エステサロンでは、TBC のみになっています。


最近では、あまり人気がない電気脱毛だけど

実は 「 永久脱毛 」 と言えるのは
この電気脱毛だけなんです
exclamation


毛の根本にある、毛をつくる工場。

クリニックや脱毛エステサロンの脱毛方法では
この工場部分の細胞を 「 気絶させている状態 」 なんです。

なので、軽い気絶の場合はまた目が覚めて
弱いながらも毛を生産する( 毛質が細くなる )

強く気絶している場合は
毛の生えてくるサイクルが長くなって、目立たなくなってくる。


いずれにしても、工場は残っている状態なので
ホルモンのバランスの変化などで
また毛が生えてくるという可能性は十分あるのだそう。



最近人気の脱毛サロン ミュゼプラチナム銀座カラー
「 不再生脱毛 」 といって、 「 永久脱毛 」 ではないんです。

厳密に言うと、クリニック(皮膚科)で受けられる
医療レーザー脱毛も 「 永久脱毛 」 ではないんですね~ ボケーっとした顔


一方、「 ニードル(針)電気脱毛 」 は
ひとつひとつの毛穴に針のようなものを滑りこませて
工場部分に弱い電流を流して
毛の根本と工場を溶かしてくっけてから
工場まるごと毛穴から抜き去ってしまうんです。


ムダ毛の一本一本を、確実に処理してくれるのが
「 ニードル(針)電気脱毛 」


永久脱毛と言えるのは、この脱毛方法だけになるんですね~


スーパー脱毛(電気美容脱毛)のメリット・デメリット